健康サポート

トップページ >  健康サポート >  元気の出るおいしい食材 >  新米の季節がやってきた!

元気の出るおいしい食材

新米の季節がやってきた!

普段食べているお米にはさまざまな種類があります。
いろいろ食べ比べてみるのも楽しいものです。

日本のいろいろなお米

○うるち米

私たちが普段食べているお米。含まれているでんぷんはアミロースとアミロペクチンの2種類あります。

○もち米

おもちや赤飯を作る際につかうお米。うるち米とはでんぷんの構成が異なり、アミロペクチンだけが含まれます。

○緑米

ほんのり緑色のお米。赤米、黒米と同様に、古代中国から伝わったとされています。現在、ネパールやラオスなどのアジアの国々でも栽培されています。

○赤米

日本に初めて伝わったといわれるお米。うるち米よりもたんぱく質やビタミン類が多く含まれていて、表皮の赤い部分には色素成分が含まれています。

○黒米

もち米で表皮の黒色の色素にはアントシアニンが含まれています。赤米と同様に古代中国から伝わったとされています。

日本のいろいろなお米

お米の種類

世界で作られているお米の品種は約1万を超えるといわれていますが、大きくは3種類に分けられます。

○ジャポニカ種:

主に日本で栽培されているお米で、朝鮮半島や中国東北部、ヨーロッパの一部ででも作られています。炊いた際の粘りとつやが特徴。

○インディカ種:

インドや中国中南部、タイ、ベトナム、アメリカなどで栽培されています。細長く、炊くとぱさぱさしているのが特徴で、世界の生産量の約9割を占めるとされています。

○ジャバニカ種:

ジャバニカ種とインディカ種の中間にあたり、アジアの熱帯地方やアメリカ、ブラジル、イタリアなどで栽培されています。炊くとあっさりとした味で粘りもあります。

昔のお米の単位

いまでこそ、お米を購入する単位はkgでメートル法の単位ですが、以前は枡(ます)を使っていました。1升枡(しょうます)の大きさは4寸9分 四方で深さが2寸7分、容積は64.827立方分。メートル法で表すと約1.8リットル、重さは約1.5kgになります。1升を基準に下記のような単位があります。


1合 1升 1斗(と) 1俵(ひょう) 1石(こく)
1升の10分の1 一升の10倍 1斗の4倍 1斗の10倍
約180ミリリットル 約1.8リットル 約18リットル 約72リットル 約180リットル
約150g 約1.5kg 約15kg 約60kg 約150kg

お米の系図

 お米はこのような異なった種類のお米からさまざまな品種が改良されています。現在登録されている品種は500種以上にもなります。主な系図は次のとおりです。 お米の系図
バックナンバー一覧へ