健康サポート

トップページ >  健康サポート >  健康づくり通信 > 体重変化についての調査

健康づくり通信

今月のおもしろ健康情報

体重変化についての調査
https://www.atpress.ne.jp/news/168556

体重の増減には年齢と生活習慣が影響する
体重が増えた原因はなんだと思いますか (3s以上増えた人 n=554 複数回答の上位8位まで)/体重が減った原因はなんだと思いますか (3s以上減った人 n=140 複数回答の上位8位まで)

料理レシピを中心とする生活情報誌『オレンジページ』を発行する株式会社オレンジページが、オレンジページメンバーズ(国内在住40代以上の読者モニター。有効回答数971人)を対象に「体重の変化」についてインターネットで調査を行いました。対象者のうち、「20代の頃と比べて3kg以上体重の増減があった」人は71.5%です。さらに 「体重は増えたのか、減ったのか」を聞いたところ、79.8%が「増えた(太った)」と回答。「10kg以上増えた人」は28.0%に達しています。

体重が増えた原因のトップは「運動不足」(69.9%)です。運動習慣を身につけることが大切であると自覚していても、実践するのはなかなか難しいようです。2位「代謝が下がった」3位「加齢・更年期」は年齢によるものですが、「食事・間食の食べすぎ」「お酒を飲む量・機会が増えた」など食生活に関するものも挙がりました。女性では「出産を機に」という人も19.9%にのぼり、産後体重が戻らないケースが多いことがわかります。

一方、体重が減った原因のトップは「食事量を見直した」(30.7%)。年齢が上がるにつれて食べる量を減らすよう注意したと考えられます。「規則正しい生活」 「間食を控えている」「運動の習慣がある」を挙げた人も多く、食事や生活習慣が体重の増減を左右する大きな要因となっていることがみてとれます。

バックナンバー一覧へ