健康サポート

トップページ >  健康サポート >  健康づくり通信 > 頻尿、尿もれの悩みや解決方法についての調査

健康づくり通信

今月のおもしろ健康情報

頻尿、尿もれの悩みや解決方法についての調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000019617.html

女性の尿もれの原因はくしゃみと笑いが多い
どのようなときに尿もれを経験しましたか(n=255 複数回答)/尿もれ対策としてどのようなことをしていますか(n=255 複数回答)

トイレのタイミングを予測するデバイス「DFree(ディー・フリー)」を企画・開発・販売するトリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社が、頻尿や尿もれの経験のある40代〜60代の男女522人(尿もれ経験者255人、頻尿経験者267人)を対象に「頻尿、尿もれの悩みや解決方法について」調査しました。

尿もれの経験のある人に、どのようなときに尿もれを経験したかと尋ねると、男性は「尿意は気づいていたが間に合わず」が31.5%でトップ、以下「気づいたら下着が濡れてしまっていた」「突然の尿意で間に合わず」と続きました。女性は「くしゃみをしたり笑ったりしたときに」が82.8%と圧倒的多数を占めています。

どのような尿もれ対策を行っているかという質問には「尿パッドを利用」という回答が25.1%、「常にトイレの場所を確認する」が16.1 %、「水分を取ることを控えるようにする」が12.9%です。女性は生理用品で代用する、男性は排せつ後に尿を出し切ることを意識的に行うという回答が複数寄せられました。何も対策をしていない人が46.7%もいました。

尿もれや頻尿に関する悩みを友だちや家族に相談するかという問いには、73.2%が誰にも言わないと答えています。悩みを抱えながらも誰にも言わずに過ごしている人が多いようです。

バックナンバー一覧へ