健康サポート

トップページ >  健康サポート >  健康づくり通信 > 「おなかケア」に関するアンケート調査

健康づくり通信

今月のおもしろ健康情報

「おなかケア」に関するアンケート調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000035690.html

1日出なくても便秘と考える人が約3割
予防法は水分摂取やヨーグルトなどを食べること
あなたにとって便秘とは(n=1,000)/自分なりの便秘予防法はなんですか(日常的な便秘に悩んでいる人 n=260 複数回答)

ビオフェルミン製薬株式会社が、20代から60代の男女1,000人(男性・女性 各500人)を対象にインターネットで「おなかケア」に関するアンケート調査を実施しました。その結果、女性の約3割に日常的な腹部膨満感があることがわかりました。腹部膨満感の一因となる 「便秘」について調べたところ、全体の26.0%、女性では40代が41%、30代が39%、20代・50代が36%と、20代から50代の女性の約4割が日常的な便秘に悩まされています。

日本内科学会では「3日以上お通じがない」ことを 「便秘」と定義していますが、「あなたにとって便秘とは」という質問に「1日出なくても便秘」と考える人が全体の約3割もいました。「1日出ない」「2日出ない」を合わせると半数以上になります。一方、4日以上お通じがないことを便秘だと認識している人も約2割を占めました。

自分なりの便秘予防法についてたずねると、「水分」56.2%、「乳酸菌食品(ヨーグルトなど)」43.8%、「野菜(食物繊維)」41.5%、「納豆などの発酵食品」27.3%、の摂取が上位を独占。飲食物に頼る人が多いことがわかりました。運動をしたり睡眠をとったりと生活習慣に気を配る、便秘薬や整腸剤を使用するなどなんらかの工夫をしている人が多いなか、18.1%の人がとくに何もしていないと答えました。

バックナンバー一覧へ