健康サポート

トップページ >  健康サポート >  健康づくり通信 > ウイルス性肝炎に関するアンケート

健康づくり通信

今月のおもしろ健康情報

ウイルス性肝炎に関するアンケート
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000069.000012000.html

知識豊富なケアマネほど検査・治療をすすめる
B型・C型肝炎のウイルス検査が無料で受けられることHBVワクチンによりB型肝炎ウイルスの感染を防ぐことができることを知っていますか(n=810)/抗ウイルス治療として、飲み薬でC型肝炎ウイルスを排除できること、B型肝炎ウイルスを抑えられることを知っていますか(n=810)

健康寿命の延伸を目指す株式会社インターネットインフィニティーが、「ウイルス性肝炎に関するアンケート」を実施しました。調査対象は「ケアマネジメント・オンライン」に登録する会員ケアマネジャー810人です。

「B型・C型肝炎のウイルス検査が無料で受けられること、HBVワクチンによりB型肝炎ウイルスの感染を防ぐことができることを知っているか」という質問に、45.7%が「両方知らない」と答えました。「両方を知っている」と答えたのは18.4%です。この回答と「利用者(要介護高齢者)に肝炎ウイルス検査をすすめたことがあるか」という質問への回答には関連が見られ、ウイルス検査の助成制度、HBVワクチンの効果の両方を知っているケアマネほどB型・C型肝炎のウイルス検査をすすめることがわかりました。

また「飲み薬でC型肝炎ウイルスを排除できること、B型肝炎ウイルスを抑えられることを知っているか」という問いには「どちらも知らない」が56.4%、「両方を知っている」は26.7%でした。この回答と「利用者が未治療の場合、治療をすすめるか」という問いの回答にも関連が見られ、治療薬の効果を知っているケアマネほど治療をすすめることもわかりました。76.9%のケアマネが肝炎に関する講習を受けたいと回答しており、意欲のある人が多いことが見てとれます。

バックナンバー一覧へ