健康サポート

トップページ >  健康サポート >  健康づくり通信 > ストレスオフ白書 2020-2021 VOL.1「1日8,000歩」歩く習慣

健康づくり通信

今月のおもしろ健康情報

ストレスオフ白書 2020-2021 VOL.1「1日8,000歩」歩く習慣
http://stressoff-alliance.or.jp/pdf/20200324.pdf

6割の人が「1日8,000歩を歩くのは月1日未満」
男女・年代別1日8,000歩(5q程度以上)歩く習慣/都道府県別「1日8,000歩」週4日以上の人の割合(上位・下位各5都道府県)

一般社団法人ストレスオフ・アライアンスは、全国14万人に行っている大規模調査「ココロの体力測定」をもとに「日本人とストレス性疲労」の研究を進め、「歩く習慣」について、『ストレスオフ白書』にまとめました。

歩くことは、生活習慣病をはじめ多くの疾病予防に、またストレス軽減に効果が大きいといわれ、厚生労働省では、健康効果の最大値とされる8,000歩程度(男性8,500歩、女性8,000歩)を、成人の1日の目標歩数としています。

白書によると、6割以上の人が、1日8,000歩(5キロ程度以上)歩くのは「年間0〜9日(1日未満/月)」と答えており、その割合は女性のほうが高くなっています。年代別では、男性の20代、女性の20〜30代が、歩く習慣が少ない傾向になっていることがわかります。

年間200日以上(4日以上/週)歩く頻度を都道府県別に見ると、男性では神奈川県17.5%、東京都17.2%、千葉県16.9%、埼玉県16.1%に比べ、山形県8.3%、新潟県8.6%、秋田県8.7%と、首都圏と地方との差が明らかになっています。全体では女性のほうがその割合が低く、とくに香川県2.9%、佐賀県3.4%、山形県4.3%となっています。

ひと駅ぶん歩く、ちょっと遠くのスーパーまで歩くなど、工夫次第で1日8,000歩達成ができるといいます。アプリの活用で楽しく歩ける工夫をするのもいいかもしれません。

バックナンバー一覧へ