健康サポート

トップページ >  健康サポート >  健康づくり通信 > コロナ禍における運動意識に関する調査

健康づくり通信

今月のおもしろ健康情報

コロナ禍における運動意識に関する調査
https://altrafootwear.jp/news/voluntary_restraint-running-resarch

ウォーキングやランニングの実施頻度増加は半数以上
自粛期間の間、運動不足を感じたか(n=1324)/自粛期間中、どれくらいの頻度でランニングをしていたか(n=1324)

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や近年のランニングブームにより、ランナー人口が増えています。そんな中、シューズブランド「ALTRA」(アルトラ)を展開する株式会社ストライド(本社・東京都多摩市)が、3月に行った「ランニング障害に関する調査」に続き、6月13〜15日にかけて、全国の20〜69歳のアルトラユーザー男女1324人を対象に、「コロナ禍における運動意識に関する調査」を行いました。

外出自粛期間中に運動不足を感じた人は58.6%、自粛期間の前と比べて体重が増加した人は38.0%、自粛期間の前と比べて体力の減退を感じている人は32.2%でした。

自粛期間中でも週に2回以上走る人が72.7%にのぼり、積極的なランナーが多いにもかかわらず、体重が増加、体力の減退を感じている人が多いことも明らかになりました。運動不足による体の変化として、「エコノミークラス症候群」や「体のだるさ、倦怠感」、「体力の減退」、「足や体の痛み」などがあげられています。

59.5%の人が、自粛期間の前と比べてウォーキングやランニングを行う機会が増えたと回答。77.7%の人が、公園などでランニングをしている人が増えたと感じているようです。

バックナンバー一覧へ