健康サポート

トップページ >  健康サポート >  健康づくり通信 > 趣味と若々しさの関連について

健康づくり通信

今月のおもしろ健康情報

趣味と若々しさの関連について
https://www.rad.co.jp/report_list/20171116/

「若見え」の理由は好奇心と交友関係!?
趣味や教養への意欲が老け込まない秘訣かも
実年齢との差

情報・消費に対する意識調査

「趣味や教養のための活動に熱心な人ほど、実年齢よりも若く見られる」との分析結果を、市場調査などを行う株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントが発表しました。調査対象は、首都圏在住の18〜79歳男女3000人。

調査では、「生活の中で趣味・教養のための活動に力を入れていきたい」と回答した人を「趣味・教養注力者」と定義づけ、そうでない人との違いを分析しています。「実年齢に比べてどう見られているか」との問いに対して「若く見られる」と答えた人の割合は、20代まで大差ないものの、差が広がるのが30代以降。40歳以上では、年代が上がるにつれ「若く見られている」と自負する趣味・教養注力者の割合が大きくなり、そうでない人と「若々しさ」に差がつく様子がうかがわれます。

なぜ若いと感じるのか?調査では、趣味・教養注力者が情報収集や買い物などにインターネットを積極的に活用し、習い事やスポーツ、SNSなどを通じて自ら作り上げた友人関係も多いことに注目しています。趣味・教養注力者の周囲には同様の友人関係が広がると考えられ、好奇心旺盛な人々の中で「新しいことを体験したい」という意識がさらに高まるのかもしれません。そんな柔軟さが、若さの秘訣といえそうです。

バックナンバー一覧へ