健康サポート

トップページ >  健康サポート >  健康づくり通信 > 入浴に関するアンケート

健康づくり通信

今月のおもしろ健康情報

入浴に関するアンケート
https://www.cross-m.co.jp/news/release/20180206.html

風呂が好きではない理由は「入浴自体が面倒だから」
自宅の風呂に求めるのは「追い炊き機能」がトップ
入浴が嫌いな理由(n=180 複数回答) 自宅の風呂に求める機能・設備はなんですか(n=1000 複数回答)

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティングが、20〜69歳の男女1000人に入浴や風呂に関するアンケート調査を実施しました。 その結果、入浴が好きな人が全体の約9割を占めました。約1割と少数派の「入浴が嫌い、もしくは入浴しない・したくない」と答えた人に理由を聞くと、「入浴自体が面倒」が32.8%、「掃除や湯をためるのが面倒」が32.2%と、 入浴の際に生じる手間を嫌う人が約3分の2いることがわかります。「不経済」24.4%、「入浴時間がない」14.4%と、金銭的・時間的な理由を挙げる人が3分の1以上いることも見てとれます。

近年は入浴を楽しむ人が増えていますが、自宅の風呂に求める機能・設備は何かをたずねたところ、圧倒的1位が「追い炊き」(58.5%)で、家族の入浴時間がずれいる、長湯をするなどの場合にはぜひ欲しい機能です。2位以下は浴室暖房、浴室乾燥、浴室保温、浴槽の自動保温と実質的な機能が上位を占め、6位以下にジェットバス、浴室テレビ、ミストサウナ、防水スピーカー、オーバーヘッドシャワーと、快適な入浴をサポートする機能・設備が続きます。

自宅での入浴は嫌い、週に1日も入らない・入りたくないという人の約3割は公衆浴場での入浴は好きだという結果も出ており、広く開放感のある風呂が好まれているのかもしれません。

バックナンバー一覧へ