健康サポート

トップページ >  健康サポート >  健康づくり通信 > 家庭での手作りカレー実態調査

健康づくり通信

今月のおもしろ健康情報

家庭での手作りカレー実態調査
http://www.sbfoods.co.jp/company/newsrelease/2018/pdf/1803_golden_result.pdf

日本の国民食カレーは金曜日に食べると週末の家族の幸福感が増す可能性
金曜日の手作りカレーの効果はなんですか(n=494 複数回答) 金曜日の夕食をどう考えますか(女性:n=500 男性:n=500 複数回答)

大人にも子どもにも人気の高いカレーですが、株式会社ライフスケープマーケティングの「食MAP®データ」によると、家庭でカレーを食べることがいちばん多いのは金曜日です。そこで、エスビー食品株式会社が子どものいる20〜50代の既婚男女1000人を対象に「家庭での手作りカレー実態調査」を行いました。

金曜日に家庭で手作りカレーを食べるメリットについてたずねると「土日ゆっくりできる」という答えが最も多い57.3%を占め、「土日も幸せな気持ちで過ごせる」(40.1%)、「土日、家族の仲がよい」(33.6%)と続いており、金曜日の手作りカレーには週末をより充実させる効果が期待できることがわかります。

金曜日の夕食について考え方を聞くと、女性は「なるべく簡単にすませたい」が55.4%と圧倒的に多く、次に多いのが「土日に楽ができるメニューにしたい」(30.0%)と手軽さを重視していることが見てとれます。男性はトップの「平日の疲れを癒したい」(36.0%)が目立ちますが、以下「なるべく簡単にすませたい」「お酒と合わせたい」「翌日休みなのでゆっくり準備したい」「土日に楽ができるメニューにしたい」が20%前後と回答が分かれました。数値が異なっているものの、金曜日の夕食には、疲れを癒すものや手軽にできるものなど男女とも“やさしさ”を求めているようです。

バックナンバー一覧へ