健康サポート

トップページ >  健康サポート >  健康づくり通信 > アレルギー症状とダニの被害に関する調査

健康づくり通信

今月のおもしろ健康情報

アレルギー症状とダニの被害に関する調査
https://corp.earth.jp/jp/news/2018/pdf/20180615-01.pdf

アレルギー症状のある人の6割が「ダニに起因」の可能性
1年以内に発症したアレルギー症状はどんなものですか(自分自身 n=157 家族 n=152 複数回答) アレルギー症状の原因はなんだと思いますか(自分自身にアレルギー症状がある人 n=157 複数回答)

アース製薬株式会社が、20〜59歳の女性400人を対象に、さまざまなアレルギー症状を引き起こすダニの被害についての調査を行いました。自分自身または家族が1年以内に発症したアレルギー症状については「鼻水」が最も多く、「くしゃみ」「鼻づまり」「目の充血・かゆみ」と続きます。

自分自身になんらかのアレルギー症状があると回答した157人(39.3%)にその原因について尋ねると、79.6%が「花粉」、42.7%が「ハウスダスト(ほこり)」、14.6%が「ダニ」と推定しました。ハウスダストにはダニが含まれているため、ダニを原因とするアレルギー症状は合わせて57.3%にも上ることがわかります。約4割の人がアレルギー症状があると回答しているにもかかわらず、実際に医療機関を受診した人は自分自身40.8%、家族50.7%という結果も出ています。

「小児ぜんそくの主な原因はダニアレルギーである」ということを知っている人は7.5%と、認知度が低いことも明らかになりました。ダニは肉眼で見つけることはできませんが、住まいの中に潜んでいます。アレルギーが気になる場合は、医療機関を受診するとともに原因について医師に相談する、ダニについて正しく知る、などが大切です。

バックナンバー一覧へ