健康サポート

トップページ >  健康サポート >  今月の健康特集 >  予防接種で、インフルエンザに負けないぞ!

今月の健康特集

予防接種で、インフルエンザに負けないぞ!

今年もインフルエンザの季節になりました。インフルエンザは突然にあらわれ、あっという間に広がっていくのが特徴です。インフルエンザに負けないためには、早めの予防接種が効果的です。ピークを迎える前に、ご家族そろって予防接種にいきましょう。

世界で流行している3つのインフルエンザ

 毎年12月の上旬に発生しはじめ、寒さの厳しい1月下旬から2月にピークを迎えるインフルエンザ。冬を健康に過ごすためには、インフルエンザ対策が欠かせません。インフルエンザウィルスはA、B、Cの型に分けられ、このうち爆発的な広がりをみせるのはA型とB型です。現在世界で流行しているのは、Aソ連型ウィルス、A香港型ウィルス、B型ウィルスの3種類です。これらは型は違っても、症状に大きな違いはありません。

普通の風邪との違いは

 インフルエンザの典型的な症状派、高熱、頭痛、腰痛、筋肉痛、全身倦怠感などの全身症状です。これらの症状と当時かあるいはやや遅れて、鼻汁、咽頭痛、咳などの呼吸器症状が現れます。 普通の風邪と混同しやすいのですが、インフルエンザでは急激に高熱が出るのが特徴で、1〜3日の間に体温が38〜39度、あるいはそれ以上の高熱が出ることもあります。さらに、気管支炎や肺炎を併発し、重症化することがあるのもインフルエンザの特徴です。 普通の風邪で亡くなる方はあまりいませんが、インフルエンザではとくに高齢者で死亡率が高いので、注意が必要です。

インフルエンザによる死亡者

インフルエンザによる死亡者

インフルエンザにかかったら

 インフルエンザにかかった場合、周囲にうつさないためにも早めに治療を受けることが重要です。また睡眠を十分とり、水分をしっかりと補充しましょう。ウィルスは乾燥した空気で増殖するので、部屋の湿度を保つことも大切です。

インフルエンザを防ぐには

 インフルエンザを防ぐには、予防接種がいちばんです。インフルエンザワクチンは効果があらわれるまでに約2週間ほどかかりますので、早めにすませておくことが大切です。地域差はありますが、遅くとも12月の中旬までにはすませておくといいでしょう。 インフルエンザの予防接種は、13歳以上人で1回または2回行います。1回目を受けたのち、1〜4週間ほどの期間をおいて2回目の接種を行いますので、1回目の接種は早めに受けるようにしましょう。 とくに65歳以上の高齢者や病気を持っている人はインフルエンザにかかると重症化しやすいので、ワクチン接種による予防が勧められます。

予防接種は各市町村で

 インフルエンザの任意接種は、原則として住民票のある市町村(東京23区では区)が指定する医療器移管で受けます。地域によっては他の市町村で受けられるよう便宜を図っているところもありますので、くわしくはお住まいの市町村(東京23区では区)にお問い合せください。 なお、まれではありますがワクチンの接種による副作用として、接種を受けた箇所が赤くなったり腫れたりすることがあります。また発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などを起こすことがあります。一般的にこれらの症状は軽いものです。

バックナンバー一覧へ