健康サポート

トップページ >  健康サポート >  今月の健康特集 >  「未病」から始まる健康長寿 第1回 主治医はあなた自身

今月の健康特集

「未病」から始まる健康長寿

第1回 主治医はあなた自身

監修:国際医療福祉大学附属熱海病院内科教授
都島基夫先生

 「未病」という言葉は、古くもあり、また新しい言葉でもあります。「未病」は、二千年も前から中国医薬学の理論体系の中で使われていた言葉で、西洋医学が中心となりつつある現在の中国でも治療の根源としてとらえられています。

 病気になってから治すのではなく、未病の状態、つまり「未だ病にならず」という状態のうちから治すという考えは、予防医学と共通するところが多く、最先端の医学者が果敢にチャレンジしている分野でもあります。

 中国には、古くから病気の予防が重要であることを示した“未病思想”があり、「聖人は既病を治さずして、未病を治す」と言われてきました。この聖人とは優れた医師のことで、診たてのよい医師という意味です。医師は三段階に分けられ、病気が治せないのは劣った医師、病気を治すのは普通の医師、そして、未病を治すのが最上級の医師とされています。

 未病を治すというのは、現代でいえば病気の一次予防をすることで、まだ病気とはいえない段階で、その人の体に潜む病気の芽を摘み取る治療ができる医師こそ、聖人と呼ばれるにふさわしいとしているのです。

 日本で「未病」という言葉が公表されたのは、1998年の厚生白書においてですが、その前年の1997年に発足した日本未病システム学会では、未病の存在と意義を確固たるものとするため、未病に対する概念を次のように定義づけました。

 その概念では、西洋医学的アプローチからと東洋医学的アプローチからの両面に、それぞれの未病が存在するとしています。西洋医学的アプローチでの未病は、自覚症状はないものの、検査数値に異常がみられた状態としています。東洋医学的アプローチでの未病は、冷えや倦怠感、しびれなどの軽い自覚症状はあるものの検査では発見できない状態としています。

 つまり、現代人における未病は、検査で異常が出るが自覚症状はないものと、自覚症状はあるが検査では異常がみられないものの両方を合わせたものとして捕らえているのです。

 この概念から想定される現代人の未病としては、放置すると病気への進展が予測されるもので、生活習慣の改善や代替医療を取り入れることなどで改善ができる肥満、喫煙症候群などの未病と、その延長線上にある高脂血症、境界領域糖尿病、軽症高血圧、高尿酸血症、無症候性脳梗塞、潜在性心不全、脂肪肝、B型肝炎キャリア、メタボリックシンドロームなどが、この範疇に入ります。

 高齢者では、多くの臓器の予備能力が低下していて病気発症の温床ともいえる状態であるため、これも未病の状態にあると考えることができます。

 未病は健康と病気の間に存在していて、予防治療が可能な病態のことであり、食事や運動、生活習慣をよい方向に変えていくことで、病気に向かっている道筋を変更できる状態というように位置づけられているわけです。

 平成16年に開かれた過去20年間の厚生労働省での老人保健事業見直しに関する検討会の中間報告で、今後10年間は「健康な65歳から活動的な85歳へ」の転換が必要であるとの考えが示されました。「活動的な85歳」というのは、病気を持っていたとしても、なお活動的で生きがいに満ちた自己実現ができるような新しい高齢者像を示しています。

 これが高齢未病の理想とする状態であり、その実現のためには、末梢血管の微小循環血流量の保持や増加を促進する効果がある運動療法や食養生をはじめ、家族や友人との会話や軽作業を絶やさないことなどが必要となります。

 高齢者の場合には、慢性疾患を進行させてしまうと、そこから引き返すことが非常に困難であり、そのまま要介護に移行するケースも少なくありません。そのため、QOLが維持できている未病のうちに、その進行を止める、あるいは進行を遅らせる未病治療を最優先させて進めていかなければならないのです。

 つまり、「主治医は自分自身」という概念であり、未病を治すことを手助けする医師は、そのための動機づけをするのが任務ということになります。

バックナンバー一覧へ