概要

トップページ >  概要

理念

国民の健康の積極的増進と疾病の予防に寄与します。
21世紀。
少子・高齢社会を迎えて「健康であること」を共に考えます。 私たちは、これからの国民の健康づくりのお手伝いをします。

本格的な少子・高齢社会を迎える21世紀の国民の健康づくり対策について「健康日本21」運動の推進に協カするとともに、当法人は会員相互の協カのもとに、厚生労働省をはじめ関係団体と協力、 協調しながら国民の健康と体力の保持増進のための各種事業をより積極的に推進いたします。特に健康と体力の保持増進を目的とした健康増進の知識の普及啓発および健康診断・体力測定や健康相談・指導では、 多年にわたる実績を生かして、国民1人ひとりが自らの努カで生活改善や健康づくりを実践し、活動するための支援をいたします。 運営に関しては健康情報の収集や技術の更なる向上に努め、国民に信頼される公益活動を展開し、活カある健康づくりに貢献します。

概要

名 称 一般社団法人 日本健康倶楽部
設 立 1967年(昭和42年)7月4日
厚生大臣設立許可(厚生省収衛第192号)
主たる事務所 〒102-0093
東京都千代田区平河町2丁目6番1号 平河町ビル8階
TEL:03-3288-0101
FAX:03-3288-0160
E-mail:honbu@kenkou-club.or.jp
ご案内図
会 長 大坪 修
副会長 江川 洋
理事長 山本 茂
会員数 正会員(法人)14会員
支部 18支部(支部一覧表はこちら

沿革

1967年(昭和42年) 厚生大臣設立許可
厚生省収衛第192号
名誉会長 石井光次郎(衆議院議員:当時)
会   長 山下春江(参議院議員:当時)
設立記念式典を自民党本部講堂にて開催
機関紙『健康日本』(月刊)を創刊
1982年(昭和57年) 会長に仲野好雄就任
1985年(昭和60年) 理事長に山本義則就任
1986年(昭和61年) 定款変更し、「健康相談および健康診断」事業を開始
新体制に基づき北海道、沖縄、北陸(富山)、山口、宮崎に各支部を設置
1993年(平成5年) 名誉会長に仲野好雄、会長(理事長兼務)に山本義則就任
2005年(平成17年) 会長に大坪修、理事長に大西久雄就任
2009年(平成21年) 理事長に山本茂就任
2013年(平成25年) 4月1日付、一般社団法人日本健康倶楽部に法人格を移行(府益担第4097号平成25年3月21日内閣府から一般社団法人として認可)
※公益目的支出期間の開始

情報公開